民事再生という選択は住宅ローン等を含めて多重債務の問題に陥っている個人を対象とした、住宅を維持したまま金銭面で立ち直っていくための公の機関を通した債務を整理する処理方法としてはじまった法律です。民事再生制度には、自己破産とは違い免責不許可事由がなく、投機などで借金したのであっても手続きはできますし破産申告をすれば業務が行えなくなる可能性がある業界で仕事をしているような方でも制度の活用が可能です。破産の場合には、住宅を手元に残すことは考えられませんし任意整理と特定調停では元金そのものは支払っていく必要がありますので住宅ローンを含めて返していくことは現実問題として簡単ではないでしょう。ただし、民事再生という手順を選ぶことができれば住宅ローン等を除く借り入れについてはけっこうな金額をカットすることも可能なため、ある程度余裕に住宅ローンなどを返済しつつ残りのローンを払い続けることもできるというわけです。いっぽうで、民事再生という手段は任意整理による手続きや特定調停等とは違って一部の借金を除外扱いして手続きを行うことは無理ですし破産宣告の際のように負債自体が帳消しになるということでもありません。それに、そのほかの整理方法と比べても処理がこみいっていて手間が必要ですので住宅ローンを組んでおり住居を維持していきたい状況などを除外して、破産申告など他の方法がない際の最後に考える解決方法とみなした方がいいと思います。