借り入れをすると、定期に指定期日に口座などから自動手続きにて弁済がされていくはずです。ラジオ等のコマーシャルなどでATMなどから適時支払というのが出来るということに言われていますがそれは月々の返済とは別口で支払いする場合のについて言っています。こんな支払を前倒し返済などと言って、残高全額を終わらせる支払いを総額一括返済、一部分を支払してしまう引き落しを一部一括支払いと呼称します。これは一時所得などのもので経済に経済的余裕というものが存する場合は自動現金処理機や振込等により一部分または全額について返済することが可能なのです。かつこれ以外に早期弁済には強みというのが数多くあり欠点は全くないです。プラスとは別口でもって返済する事により、元本自体に関してを軽減するというようなことを可能なので返済期間というのが短くなり金利というものも節減することができ弁済全額そのものを切り詰めることが出来るので一石二鳥な引き落し方法となるのです。そのかわり留意したい点は、どんなタイミングで早期返済しようかという点です。クレジットカード会社には弁済期間と別の締め日がといったものがあります。たとえば月中が〆め日であったとしまして次の月10日の返済としましたら、15日から以降に関しては次月分の利率を含めた弁済額に確定してしまいます。つまり15日以後繰上弁済したという場合であっても、来月の支払額が確定しておりますのでそういった期間に早期支払したような場合であっても次月分の引き落し金額に対してはちっとも影響がないのです。それ故繰上弁済というのが即座に効力を与するためには、支払日時の次の日から次回の締め日の到来までの期間に前倒し支払いしておく必要があったりするのです。ただし、そのような場合の金利の差引といったものははなはだ小さいものです。それ位は気にならないという場合には、適時自由自在に前倒し支払してもいいです。ですがわずかでも小さくしようと思う方は支払期日から〆め日までの期間に繰り上げ支払するべきでしょう。